安易な自己診断はしない

皮膚炎には注意が不可欠です。特に皮膚炎に普段から結構な頻度でなっている人は、「また○○(例えばアレルギー)だろう」と安易に考えがちです。

皮膚炎は体質とも大きなかかわりがあり、なりやすい人とそうではない人がいます。また遺伝性もあり、片親あるいは両親がアレルギーだとアレルギー体質の子が生まれやすいなど特徴があるのが通例です。

このため、特に頻繁に皮膚炎をおこす人(子供)についてはつい重大な病気についてもみのがしがちとなっていまします。

またヘルペス系統には十分な注意が不可欠です。ヘルペスについては多くの人が菌を保有しており、子供であれば水ぼうそうになるケースも少なくありません。

水ぼうそうですが、こちらについても大変といった声が後をたちません。早めに発見できれば問題ないのですが、遅いとまわりに感染する可能性もあります。

またアレルギーがある子供については悪化してしまう危険性が高いので、早めに診断を受けることが大事です。くれぐれも自己診断はしないようにしましょう。

自己診断の結果、確かにあたっていて問題なければいいのですが、誤診をしてしまうととんでもないことになりかねません。そうしたリスクを減らす上でもすみやかに病院にいくのがベストです。


出会い系